引越しで忙しい日々

引越しが多いとすごく大変なのでなるべく手を抜きたいです・・
HOME > いよいよ明日は引っ越し、という日には、当日の

いよいよ明日は引っ越し、という日には、当日の

いよいよ明日は引っ越し、という日には、当日の時程を確認するべきです。
いつ引っ越し業者が来て、何時に作業を終わらせて荷物を運び出さなければならないかなど、時間とやることの調整をしておきます。荷物は運び出しやすいところまで移動しておき、当日の関係者のために飲み物を用意しておくことを忘れないでください。少しでも飲み物があれば、特に暑いときなら、みんなが嬉しくなるでしょう。

この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、クローゼットのあらゆるものを引っ張り出してみたところ、使わないものをためこんでいたことがわかってため息が出ました。奥の方から出てきた服は何年もしまい込んでいたものが多かったのです。


引っ越しの荷物作りを機に不要なものを片付けることができて、自分の持ち物も、自分の心もかなり身軽になれました。


多くの方にとって、引っ越しの荷造りをするとき、どうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。包み方にもコツがあります。
ほとんどの方は新聞紙を使うと思いますが、大きさには余裕を持たせ、紙の中央に底面を置き、一個ずつ包んでいきます。


新聞紙を一枚ずつ丸めて、シワをつけておくと緩衝材として役に立ちます。細かいことですが、持ち手や取っ手などの突起がある器は、飛び出たところを先に包むのがコツです。



単身世帯でも、大家族でも引っ越しでは必ずダンボールが必要になるもので、業者さんが、無料でダンボールを提供することも結構ありますが、有料のところもあるので、必ず確認してください。



ダンボールが足りなければ、スーパーなどで業務用ダンボールはほとんど無料です。ただし、サイズはばらばらです。荷物が入ったダンボールを縦横に積み重ねるので、同じダンボールを積むのでなければ計画的に積んでいく必要があります。

私たちが引っ越し業者を決める際、日本通運(日通)が多くの人が、テレビコマーシャルの「引っ越しは、日通」を思い浮かべるほど、引っ越し事業が広く知られるようになっています。
従来は、引っ越し専門業者を探してみると何とか引越社や、どこどこ引越センターなどの名前がついていたというイメージを持っていたのではないでしょうか。あちこちの運送会社は、近頃、引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。
運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など大手であればサービスもしっかりしています。誰でもすぐ思いつくように、引っ越しに必要なものがいくつかあります。
そう、新聞紙、ダンボール、テープ類、ひもなどです。

買うことや譲ってもらうこともできますが、見積もりを業者に依頼した場合、見積もりから契約のどこかで契約のお礼として引っ越しグッズをもらえるという話もよく聞きます。契約が成立すれば無料なのに早まって買ってしまったということにならないよう、業者へ見積もりをお願いするところで確認するのを忘れないでください。引っ越しによって住環境が変わると、新しい環境に慣れるまで思わぬ出費が続くことになるので、なるべく引っ越しそのものは安くあげたいと思うはずです。利用したい業者の割引サービスは、どんなときに適用されるでしょうか。問い合わせてみても良いでしょう。

どこの業者でも、割引は人の移動が少ないとされる時期に引っ越しする際にオフシーズン割引になるので、閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。引っ越しによって、今までになかった問題が生じるもので、ガスコンロを引き続き使えるか、買い直すのか、検討するのも問題の一つでしょう。自分の場合は新築に引っ越したので当然ながら新しいガスコンロがありましたが、中古の住宅やアパートであれば、引越し前から使っているガスコンロを引き続き使うという手もあります。ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。
ガスコンロを引っ越しの際に持っていくか、新しく買う予定であれば使える器具を調べておくことが必要です。
私は引っ越し経験があるほうだと思います。
そのたびにガスを止めるのはいつか考えてきましたが、引っ越し当日にガスを止めることが多かったと思います。
引っ越しが近づけば、その準備で気力も体力も消耗するので引っ越しの前日は、どんなに遅くなってもお風呂で手足を伸ばして温まり、翌日に疲れを持ち越さないようにしていました。そして、当日も、ガスを止めるまで温かいものが飲めればずいぶん癒やされるものです。私たち一家の引っ越しの時は1歳になる子供と一緒でした。
こんな幼い子供でも環境の変化はわかるもので戸惑いながら少しずつ慣れていったのがわかりました。

案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機におもちゃや衣類など仕分けることにしました。



片付けを進めているうちに母子手帳があったので、今まで書いたところを改めて読みました。なんだか懐かしく思いました。
ラクダ
Copyright (C) 2014 引越しで忙しい日々 All Rights Reserved.