引越しで忙しい日々

引越しが多いとすごく大変なのでなるべく手を抜きたいです・・
HOME > 自分は引っ越しで損をしたくないと思うなら引っ越

自分は引っ越しで損をしたくないと思うなら引っ越

自分は引っ越しで損をしたくないと思うなら引っ越しの業者を決める際には必ず見積もりをとりましょう。正確に見積もりを出してもらいたければ業者に来てもらうべきですが、それはちょっとできない、という場合は電話でおおよその荷物の量を説明するといくらくらいかを教えてもらえます。

他社との比較をすることでそれより高くならないようにしてくれる業者もあります。


できればいくつかの業者の見積もりをとってください。

私たちが今の住まいに引っ越してきた当時、1歳児を抱えていました。子供でも、引っ越しを経験して環境が変わったことを感じ取ってストレスを感じることもあったようです。いつの間にか増えていた子供のものも、片端から仕分けて捨てることになりました。
片付けを進めているうちに母子手帳を見つけて読み返してみました。



ほんの少し前のことでも、妙に懐かしく思いました。転居すると、様々な形で届を出して、転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。



固定電話の番号は、その最たるものです。引っ越しの日が決まったところで、早めにNTTに連絡し、引っ越し後も電話回線を使うために、番号変更の手続きなどを確認しておきましょう。
固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、引っ越し先が同じ市内局番エリアであれば、電話番号の変更はありません。
職住接近したい、家族が増えたり減ったりした、などの理由で引っ越しを検討する世帯が多いかもしれません。その際、不要になったものや古くなった服などはどんどん手放して、少しでも身軽になって新しい生活に入ることが多いと思います。
引っ越しを機会に布団を買い換えたという話はめったになく、今まで使っていたものを引っ越し先で使うことがほとんどです。



自分になじんでいるものなので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。



住民票の移動と連動する手続きの筆頭といえば、自動車など運転免許証の住所変更に行くことです。


多くの場面で運転免許証を写真付き身分証明書として使うので、住所変更の届は早く出した方が良いのです。
引っ越した先の警察署を訪ね、運転免許証にプラスして、本人分の住民票(写し。
住所変更後の健康保険証、公共料金領収書なども可)を窓口に出し、必要事項を書いて出せばすぐ変更できます。



荷造りが大変なものはいくつかありますが、特に食器を梱包するのは大変でしょう。

その多くを占める割れ物は、個々に配慮しながら包み、詰めていかないと運んでいる途中で壊れることも考えられます。どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。


繊細なガラス製品は、内側に新聞紙を詰めてから外側を包み、特別な箱に詰めるなど、最大限の注意を払って荷造りするようにすると相当気持ちは楽になります。私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。
進学や就職のたびに引っ越ししてきましたが、何回やっても荷作りには手間取るものです。私の実感として、単身者の場合は、多少割高でも、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープなら問題なく荷物を運べるのです。

ただでもらえるスーパーのダンボールやクラフトテープなどどは、強度の差は歴然としています。問題なく荷物を移動させるために必要になるので、必ず使うようにしてください。引っ越し業者の費用の相場は、引っ越しの内容が変わらなくても時期による変動は必ずあります。

年度末及び長期休暇中は曜日に関係なく引っ越しが多く、繁忙期になるため大半の業者は費用を高目に設定しています。

このことから、できる限り閑散期に引っ越すようにするとどの業者でもお得に引っ越しできます。その差は倍近くに及ぶこともあり、決して見過ごせません。

就職したのを機に、10年ほど前にこのアパートへの引っ越しを決めました。引っ越してきたときは、3年くらいで後は実家に帰りたかったので住所変更しなくても良いと思っていました。



けれども、思ったよりも仕事が楽しく、住んでいるところも便利で辞められる区切りがつかず、結婚の話まで出てきて、実家よりもこちらの方が税金も安いようで、これからの住所変更もありかな、と思っています。


引っ越しで、荷物をまとめる際、どうしても緊張してしまうのは割れ物の扱いです。



一瞬で傷ついたり、壊れたりするものなので、油断はできません。まずは上手な包み方を心がけてください。
新聞紙は包むものより一回り以上大きくして、普通は一個ずつ底から包みますが、新聞紙にシワがつくように、一度丸めておくとぴったりしているよりもクッション効果が高くなります。
持ち手がついているものは特に注意が必要で、その部分だけを先に包んでしまいましょう。
ラクダ
Copyright (C) 2014 引越しで忙しい日々 All Rights Reserved.