引越しで忙しい日々

引越しが多いとすごく大変なのでなるべく手を抜きたいです・・
HOME > 何月何日何曜日に引っ越すかによって、業者に支払う金

何月何日何曜日に引っ越すかによって、業者に支払う金

何月何日何曜日に引っ越すかによって、業者に支払う金額は違うのが当たり前のようです。



一番わかりやすい例では、移動が多い春は引っ越しも増えるので、業者が見積もる値段も高めになります。同じ理由で、土日や祝日の引っ越しも高く見積もられてしまいます。では費用面を考えて引っ越しの時期や曜日をずらすか、といえば、それは困難でしょう。このご時世ですから、ネットの引っ越し何でもサイトなどでは、無料サービスとして、見積もりを出してもらうことも簡単に行えます。費用面も含め、自分に合ったサービスを提供してくれる業者を見つけ、一円でも費用を安くしていきましょう。



結婚のために引っ越したとき、宅配便で身近に感じていたヤマトの単身引越しサービスを利用しました。ヤマト運輸に限らず、業者を利用した引っ越しというのは初めてでした。ですからコールセンターへの電話も緊張していました。

しかし、どのスタッフの方もてきぱきした対応、丁寧な作業で、荷物を任せるのに全く心配はありませんでした。また引っ越しすることがあるでしょうが、そのときも同じ業者に依頼したいです。

引っ越しも、単身世帯だと新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。



特にワンルームに引っ越す場合はベッドは邪魔に感じられることがあるでしょう。


さらに、引っ越し業者がいろいろ技を使っても、新居の入り口からベッドを入れられないなどの大変な話もあるようです。



そのような事情があれば、まずは布団だけで寝ることを決断するのも家の中がすっきりしていいかもしれません。
私は地方出身なので、これまで3回引っ越しを経験しています。

引っ越しのきっかけは進学、就職などですが、荷作りの大変さは毎回変わりません。気づいたこととして、私のような単身世帯の場合は多少割高でも、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープなら荷物が丈夫になり、運びやすくなります。

ただでもらえるスーパーのダンボールやクラフトテープなどどは、荷物の頑丈さが違ってきます。問題なく荷物を移動させるために必要になるので、使うことを強くすすめます。
新築の家が完成したのが数年前です。引越しした際、自分のデスクトップパソコンを問題なく移動できるようあらゆる手を尽くしました。



このとき、3歳になる娘と1歳の息子の画像データが全てパソコンのドライブ内にあったため、衝撃でデータが壊れてしまわないようクッション材はたっぷり使いました。



しかし、他の荷物以上に業者さんが慎重に運んでくれて、表面も中身も、全くトラブルなく移動できました。世帯全体での引っ越し経験があればすぐ気がつくことでしょうが、旧居のガスを解約しなくてはなりません。



自分の引っ越しでも経験してきたことですが、解約自体が大変ということはありません。ただし、万が一、解約を忘れると、転居後のガス代も請求される羽目になりますので確実に終わらせてください。こうしたケースでは、引っ越した後もその月の使用料は全て支払いが自分になってしまいますので、要注意です。業者を利用した単身世帯の引っ越しは、一般的な引っ越しプランを使うよりも単身者専用のサービスを探してみると予算面ではかなりお得です。


こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く荷物が少ない人しか使えないと考える方が多いでしょうが、大きさはともかく、量的には意外に多く運べます。若干荷物がはみ出すようなら、同じ業者の宅配サービスを利用してください。
つい先日の引っ越しで、荷作りをしているときぎっしり詰まっていたクローゼットの中身を全部出してみると、使わないものをためこんでいたことがわかって呆れかえりました。とりわけ服は何年も着ていないものばかりでした。引っ越しが良い機会になっていろいろなものを整理して処分し、クローゼットの中だけでなく、私の気持ちもかなり身軽になれました。いろいろな引っ越しがありますが、どんな場合でも新たな生活を送れるようにするため何かとお金が出ていくので極力、荷物をまとめ、運ぶという作業自体に一円でも安く済ませたいというのが本音でしょう。予算で悩んでいる方は、業者の割引サービスが使えるかどうか、検討してみるのが一番いいでしょう。

どこの業者でも、割引は人の移動が少ないとされる時期に引っ越しする際にオフシーズン割引になるので、閑散期に引っ越しができるように進めていけるとベストです。



数多くのものに囲まれた生活をしている方がいるとすれば、引っ越そうとしたとき、大きな問題となるのは全て荷造りできるのかということです。ものが多すぎて整理しきれず、荷造りを終えられそうにないと思ってしまえば引っ越しするのが嫌になってしまうかもしれませんが、これを一つの契機としてどんどん捨ててしまうようにすればぐっと整理が進むはずです。
ラクダ
Copyright (C) 2014 引越しで忙しい日々 All Rights Reserved.