引越しで忙しい日々

引越しが多いとすごく大変なのでなるべく手を抜きたいです・・
HOME > 引っ越しの荷作りをしているときになかな

引っ越しの荷作りをしているときになかな

引っ越しの荷作りをしているときになかなか整理できなかったクローゼットの中のものを全部出すと、もう使わないものが大半だったので呆れかえりました。とりわけ服は持っていたことを忘れるくらい長くしまっていたものがありました。思いがけず、引っ越しのおかげで今までためこんでいたものを捨てられて、クローゼットも、自分の心の引き出しも整理することができました。
引っ越しも、単身世帯だとベッドか布団かは悩むところです。


特にワンルームに引っ越す場合は広さによってはベッドだけでかなり場所をとられてしまいます。
また、専門業者の腕を持ってしても新居の玄関からベッドを入れられないといった困った事態になることもあります。

そのような事態が考えられるのなら、布団の生活をスタートしてみるのも家の中がすっきりしていいかもしれません。


転居に必要な手続きの一つは、ネット回線を使えるように手続き、場合によっては工事をしておくことです。当たり前のようにインターネットを使っていると、うっかり忘れてしまうもので、必要な手続きは全て済んでいると思い込んでいて、そういえば、ネットが使えないと思い当たった、という悲劇は後を絶ちません。

年度替わりの時期には、工事が数週間待ちという話もよく聞きます。
少なくともプロバイダーへの連絡は、抜けのないよう、早めに終わらせましょう。引っ越しで住民票を移すと、必ずしなければならない手続きの中で大事なのが運転免許証の住所を変えることですね。写真付き身分証明書として運転免許証を使うことも結構多いため、引っ越して住民票を動かしたら、できるだけ早く手続きに行きましょう。
引っ越した先の警察署を訪ね、運転免許証、新しい住民票(本人分、写しで良い。

住所変更後の健康保険証とか公共料金領収書なども良い)を窓口に出し、必要事項を記入して少し待てば記載事項変更は終わりです。
いろいろな課題が引っ越しをきっかけに生まれるものですが、オール電化の家に引っ越すのでない限り、ガスコンロを引き続き使えるかチェックしなければなりません。私は引っ越し先が新築だったので備え付けの新しいガスコンロを使う流れになりましたが、引っ越し先が新築でなければ元々のガスコンロで間に合うこともあります。ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。


引っ越す前に使っていたガスコンロをまた使うときや、新規購入を考えている場合は使える器具を調べておくことが必要です。

どこからどこに転居するとしても必ず引っ越しでダンボールを使うことになります。業者さんが、無料でダンボールを提供することも結構ありますが、有料のところもあるので、必ず確認してください。

そんなときにも、スーパーなどに行くとダンボールは無料で分けてくれるものです。サイズが整わないのは仕方ありません。ダンボールは移動の時、たくさん積んで運ばれるので、同じダンボールを積むのでなければ気をつけて積み重ねないといけません。

上京してきたときも含め、今まで3回の引っ越しをしてきました。進学、就職をきっかけに引っ越したのですが、荷作りの大変さは毎回変わりません。


気づいたこととして、私のような単身世帯の場合は値段は高くても、引っ越し専用ダンボールと布製ガムテープを使えば荷物を安全に運べるということです。


ただでもらえるスーパーのダンボールやクラフトテープなどどは、運んだときに差が出ます。問題なく荷物を移動させるために必要になるので、使うことを強くすすめます。
今から数年前に、自宅を新築してそこへ引っ越したのですが、デスクトップパソコンを無事移動するために、いろいろな手立てを考えました。

引っ越し当時、3歳の娘と1歳の息子がいました。

撮った写真のデータは、全てパソコンのドライブで保存していました。運び出すときや輸送の時に衝撃で壊れないよう、使いすぎかと思うくらいクッション材を使いました。パソコンが入っていることを知らせておいたためか、業者さんの扱いもとても丁寧で、傷もつかず、データも全て無事でした。


引っ越し専門業者としては、日本通運(日通)もテレビで「引っ越しは、日通」のコマーシャルを見かけるのが当たり前になってきたくらい誰でも知っている事業になりました。


昔から引っ越しサービスを行ってきた業者であれば、引越社、引越センターといった、専門業者であることを表す会社名である先入観がありました。あちこちの運送会社は、近頃、引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。運送会社が行う引っ越しサービスは数多いのですが、日通など有名どころであれば、それなりのサービスを期待できます。冷蔵庫を運び出せるようにしていなくて、思わぬ騒ぎになったという話もあります。


冷蔵庫の準備とは、前の日までに庫内が空になるようにし、コンセントを抜いて下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てれば他にやることはありません。



ですから、庫内のものは前日までに食べきれるようにして、冷蔵庫で保管するものは買わないようにして少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。


ラクダ
Copyright (C) 2014 引越しで忙しい日々 All Rights Reserved.