引越しで忙しい日々

引越しが多いとすごく大変なのでなるべく手を抜きたいです・・
HOME > 単身世帯でも、大家族でも引っ越しでダンボ

単身世帯でも、大家族でも引っ越しでダンボ

単身世帯でも、大家族でも引っ越しでダンボールを使うことになり、名前入りのダンボールを業者が無料提供することもありますが、有料の業者もいるので注意が必要です。
スーパーやディスカウントストアにきいてみれば、無料でダンボールを分けてもらえます。その場合、サイズは一定していません。
移動の時は、ダンボールをたくさん積んでいくため、同じサイズでなければ搬出で積み重ねるとき注意してください。


今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけにこのアパートへの引っ越しを決めました。



3年くらい働いたところで、実家の近くに転職したかったので実家に住民票を置いたままにしていました。



ところが、職場は楽しいし、この町も居心地の良いところで、思ったより長居してしまい、結婚の話まで出てきて、地方税はこちらの方が安いことにも気づき、これからでもいい、住民票を移そうかと考えているところです。

私たち一家が新居に引っ越したときは、当時1歳になる子供がいました。

引っ越して、小さい子でも何かと変わったことを感じていたようでストレスを感じることもあったようです。



引っ越しを機会に、たくさんあった子供のものも片端から仕分けて捨てることになりました。仕分け作業のときに母子手帳を見つけて読み返してみました。



それほど昔のことではないのに、ずいぶん懐かしく感じました。これから、引っ越しの前日に終わらせることを説明します。

まず、何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。

何時の約束で引っ越し業者が来るか、作業終了の目標は何時かなど、時間とやることの調整をしておきます。

搬出しやすいよう、荷物を動かしておき、業者さんと手伝ってくれる人のために冷たい飲み物の準備をしておきましょう。


搬入が終わったら、飲み物を出すことで夏場の引っ越しでは感謝されるでしょう。
電気、水道、ガスなどと並んで、引っ越しの準備の中で忘れてはならないのが引っ越し先でインターネットが使えるかどうかです。

当たり前のようにインターネットを使っていると、うっかり忘れてしまうもので、荷物も人も移転しているのに、肝心のネット回線が通じていなかった、そういう話は実際にあるのです。引っ越しが多い時期だと移転手続きや工事にも時間がかかりますので、引っ越しの日程が決まり次第、プロバイダーへの問い合わせは抜けのないよう、早めに終わらせましょう。いよいよ来月引っ越しするのですがピアノを転居のときに持っていくのか手放すのかが悩みの種です。誰もピアノを弾くことはなく、新居に持っていくにもお金がかかります。これを処分するにしても費用はかなりかかることでしょうし、一体どうしたら良いのでしょうか。誰かもらってくれる方がいれば譲りたいのですが、都合良くすぐに見つかるものでもありません。
他のことと同じく、引っ越しで大事なのは段取りです。

十分な大きさと量のダンボールを揃え、当面使わないものから梱包しましょう。



日用品は取り除けておき、それ以外をものの種類で分けながら梱包するのが普通です。何を入れたか、ダンボールの外側に書いておくと荷物を開くときに役立ちます。電気をはじめとし、ガス、水道、電話など、移動のための手続きも日程を考え、計画的に取りかかりましょう。


いろいろな課題が引っ越しをきっかけに生まれるものですが、ガスコンロを引き続き使えるか、買い直すのか、検討するのも問題の一つでしょう。私は引っ越し先が新築だったのでガスコンロも必然的に新しくなりましたが、中古の住宅やアパートであれば、今使っているガスコンロを引き続き使った方が良いかもしれません。ガスの種類次第で、持っていったガスコンロが使えないことも考えられます。

引っ越し後も同じガスコンロを使いたい場合や、新しいものを買おうと考えているなら使いたいコンロが使用可能か、注意してください。学校や職場から便利なところに住みたい、世帯の人数に変化があったなどをきっかけにして今の住まいを出ようか、となることが多いでしょう。引っ越しをきっかけに、使わないでしまってあるものや長いこと着ていない服などは手放し、身辺整理して引っ越す世帯が多いでしょう。

しかし、布団は買い換えや処分を行うことなく今まで使っていたものを引っ越し先で使うことがほとんどです。



自分になじんでいるものなので引っ越しが手放す機会にならないと思われます。
軍手を用意してから、引っ越しの作業を始めてほしいのです。荷造りでは手が汚れるだけでなく、普段は使わないカッター類をたくさん使いますから、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。荷物を移動させるときのことを考えても、指詰めや落下物の危険と隣り合わせです。ここで注意してほしいのは、手と比べて大きすぎたり小さすぎたりしない、手のひら側に滑り止めがついた軍手でなくてはなりません。


作業効率も上がりますし、安全性も高まるでしょう。


ラクダ
Copyright (C) 2014 引越しで忙しい日々 All Rights Reserved.